マハー(偉大な)、バーラタ(バラタ族)、つまり「偉大なバラタ族」の物語。神々が人間界を作り出すところから始まり、バラタ族の中のクル家とパーンドゥ家という二つの部族間の対立を巡るストーリー。神の血を引く個性豊かな登場人物たちによる差別、対立、欲望、嫉妬など、生の苦しみが描かれ、最終的には一族が破滅していく。
世界的な文学作品古代ギリシャの「イーリアス」「オデュッセイア」と並ぶ世界三大叙事詩の一つに数えられており、「ラーマーヤナ」と双璧を成すインド二大叙事詩の一つ。原語はサンスクリット語であるが、全18巻、10万詩節を超えるその長さは聖書の約4倍と言われ、原典の日本語訳はいまだ完結していない。
マハー(偉大な)、バーラタ(バラタ族)、つまり「偉大なバラタ族」の物語。神々が人間界を作り出すところから始まり、バラタ族の中のクル家とパーンドゥ家という二つの部族間の対立を巡るストーリー。神の血を引く個性豊かな登場人物たちによる差別、対立、欲望、嫉妬など、生の苦しみが描かれ、最終的には一族が破滅していく。
世界的な文学作品古代ギリシャの「イーリアス」「オデュッセイア」と並ぶ世界三大叙事詩の一つに数えられており、「ラーマーヤナ」と双璧を成すインド二大叙事詩の一つ。原語はサンスクリット語であるが、全18巻、10万詩節を超えるその長さは聖書の約4倍と言われ、原典の日本語訳はいまだ完結していない。
マハー(偉大な)、バーラタ(バラタ族)、つまり「偉大なバラタ族」の物語。神々が人間界を作り出すところから始まり、バラタ族の中のクル家とパーンドゥ家という二つの部族間の対立を巡るストーリー。神の血を引く個性豊かな登場人物たちによる差別、対立、欲望、嫉妬など、生の苦しみが描かれ、最終的には一族が破滅していく。
世界的な文学作品古代ギリシャの「イーリアス」「オデュッセイア」と並ぶ世界三大叙事詩の一つに数えられており、「ラーマーヤナ」と双璧を成すインド二大叙事詩の一つ。原語はサンスクリット語であるが、全18巻、10万詩節を超えるその長さは聖書の約4倍と言われ、原典の日本語訳はいまだ完結していない。
マハー(偉大な)、バーラタ(バラタ族)、つまり「偉大なバラタ族」の物語。神々が人間界を作り出すところから始まり、バラタ族の中のクル家とパーンドゥ家という二つの部族間の対立を巡るストーリー。神の血を引く個性豊かな登場人物たちによる差別、対立、欲望、嫉妬など、生の苦しみが描かれ、最終的には一族が破滅していく。
世界的な文学作品古代ギリシャの「イーリアス」「オデュッセイア」と並ぶ世界三大叙事詩の一つに数えられており、「ラーマーヤナ」と双璧を成すインド二大叙事詩の一つ。原語はサンスクリット語であるが、全18巻、10万詩節を超えるその長さは聖書の約4倍と言われ、原典の日本語訳はいまだ完結していない。

SCHEDULE